2018年04月26日

EVFセミナー案内:「我が国の再生可能エネルギー政策の現状と将来」

EVFセミナー(4月26日)のご案内
(和田正信)
演題:「我が国の再生可能エネルギー政策の現状と将来」
講師:山崎 琢矢様 経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー課長
実施日:2018年4月26日(木) 15:30〜17:30
場所:NPO法人新現役ネット会議室
〒108-0014港区芝5-31-10サンシャインビル9F、Tel 03-5730-0161
    https://www.shingeneki.com/about/office
参加費:ネット会員・個人賛助会員 1,000円、一般 1,500円 (当日会場で申し受けます)
定員:45名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

講演終了後、会場近隣にて懇親会(実費3000円程度)を予定しております。ただし、講師の山崎様はご都合がつかず御欠席予定をご承知おき願います。
お申し込みは、懇親会参加の可否を書いて下記にメールしてください。

セミナー申込み先 :semina@evfjp.org

セミナーの概要:
日本ではFIT制度導入以降、急速に再エネの導入が進んでいるものの、発電コストは国際水準と比較して依然高い状況です。また、系統制約の顕在化や調整力の確保、事業環境の整備など、新たな政策課題も浮き彫りになってきております。本講演では、再エネの大量導入とそれを支える次世代電力ネットワークの在り方について、関係審議会における政策対応の検討状況も含めた再エネの現状と今後について、ご説明いたします。


山崎琢也氏.jpg<講師略歴>
1996年  東京大学法学部卒
1996年〜通商産業省(現:経済産業省)入省、電力事業制度改革(第2次改革:小売りの部分自由化の導入、ベンチャー企業育成政策、サイバーセキュリティ対策を担当
2006年〜米国ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院にて修士号取得。同大学客員研究員として活動。
2008年〜インフラ・システム輸出の制度設計を手掛ける。
2012年〜東日本大震災を契機に検討が本格化した電力システム改革の制度設計を担当
2015年〜経済産業大臣秘書官
2016年10月〜現職(新エネルギー課長)

posted by EVF セミナー at 11:00| セミナー案内